FC2ブログ
2006-04-12(Wed)

IT社会で幸せになるための条件

ITの発達によって物質的には豊かで便利になったが,ニート,フリーター,少子化の問題が浮上している.果たしてIT社会は持続可能であるだろうか。
IT社会で幸せになるための条件は何だろう.
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

[コメント]をクリックして書きこんでください。

IT社会で幸せになるための条件は何だろう.

IT社会で幸せになるための条件は、
やはりIT社会の光の部分を上手くいかし、
影の部分に気をつける事が一番だと思う。
まず、光の部分として挙げることができるのが、
情報の2方向性である。
インターネットが普及するまでは、情報は発信者から一方的に発信されるだけでのものあった。だが、現在はその急速な発展により、情報は2方向性を持った。つまり個人自らが情報を発信し、不特定多数の人とコミュニケーションをすることが可能になり、それ自体が何時でも、どこからでも、誰でも直ちに必要な情報がいち早く、手に入れることができるようになった。
しかし 逆に影となるのが
あふれる情報から必要な情報を選択する必要があることと
誤った情報や有害な情報が流れていることである。
この影には、自分自身が自覚を持ち
IT社会に対応していかなければならないと思う。

IT社会で幸せになるための条件

私は、IT社会で幸せになるためには
まず、さまざまな情報の中で自分に必要だと思う情報を選べることができるようにすべきだと考えます。
現在では、インターネットが携帯でも見ることができるようになり、いつでもどこでも情報を手に入れることが可能になっています。ちなみに 今の社会について行けないと閉じこまれ何もできなくなる恐れがあるが努力していくと自分の夢であることやしようともしなかったことが可能になり それこそIT社会で幸せになるための条件だと思います。

IT社会で幸せになるために

やはりIT社会で幸せになるには、自分の求めている情報を
吟味できる能力をつけることだと思う。
現在はあまりに情報が多すぎるためにその情報がはたして
正しいかがわからなくなってしまっている。そのなかから自分で選択できる力をつけることが幸せになるために必要なことだと思う。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるためには取捨能力が必要だと思います。たとえばネットを見て偽りの情報に踊らされては幸せになれないと思います。だから日ごろその能力を鍛えるために意識して行動するべきだと思います。
今ではいつでも、どこでも、誰でもネットを見ることができるようになりました。昔とは大きく違います。だから今こそ考えて行動したほうがいいと思います。

IT社会で幸せになるための条件

インターネットなどは利用の仕方次第でとても便利な暮らしが可能になるが、その反面に悪用されれば大きな被害が出てしまう。IT社会で幸せになるという点で重要になるのは、情報の自己管理しっかりするということにつきると考える。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるためには、あらゆる情報を信憑性のあるもの、ないものに分けることが必要である。見たものすべてに影響を受けてしまっていてはいけない。

便利なものが次々と生み出される今の時代では、ITという世の中で得体の知れない情報に左右されることなく、自分の求める知識だけをしっかり追求することが大切だと思う。また、この世の中の最前線を追い求めるのではなく、その基盤である生身の人間同士のコンタクトも尊ばなければならない。携帯電話と直での会話、ネットオークションとウィンドーショッピングなど、それぞれの良い点と悪い点をしっかり把握して使い分けることができれば、我々はより幸せになることができるのではないでしょうか?

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で生きる私たちは、現実的な感覚が乏しくなっていると思う。ありとあらゆる情報が身の回りにあふれ、知識ばかりが身についてしまいがちである。現実における感動や、人の痛みを知る体験をすることで、私たちは生きていることの深みと喜びが得られるのではないか。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるための条件は、いろいろな情報が出回っている中それらに振り回されることのなく、本当に正しい情報を認知して自分の行くべき道を探すのもあり。でも幸せっていうのは人それぞれなわけで、実際自分の場合は、人としゃべったり遊んだりすることが幸せなので人とのふれあいが幸せになる条件である。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになる条件は、情報と上手く付き合っていくことだと思います。しかし、世の間かにはたくさんの情報が入り乱れているので、本当に自分に必要な情報だけを取り入れることが大切だと思います。より良いものを得るたねには、人との交流が必要です。やはり、人間が幸せになるためには、どんな社会であろうと人と人との交流が必要不可欠だとかんがえます。

IT社会で幸せになるための条件

私はまずIT社会が「便利さ」、「危険さ」を持っているというっことを考えなければならないと思います。そして、この2つの点を考慮しながら、自分の周囲の情報のどれが必要なのかを見極めていくことが大切になってくると思います。また、メールなどのやりとりだけではなく、人とのコミュニケーションを通して自分という人間をつくり上げていってこそ、IT社会で幸せをつかめると思います。

IT社会で幸せになる条件は?

たくさんの情報が行き交う今日では、インターネットなど、情報を簡単に提供してくれるものが必要不可欠になってきています。私も、インターネットを利用している一人ですが、時折とても悲しくなります。顔が見えないことをいいことに、誰かを傷つけている人が後を絶たないからです。しかし、インターネットは誰もが見ることができるため、本来は出会うことのない遠く離れた地にいる人と、簡単に意見を交わすことができます。溢れている情報から自分が求めているものを探し、様々な知識を吸収し、自らを高めていくこと・誰かと繋がっていることの喜びが、幸せに繋がると思います。

IT社会で幸せになるための条件

私は、IT社会で幸せになるためにはやはり、いかに早く多くの新しい情報を手に入れるかが鍵になってくると思います。その理由は今の世の中政治や企業は特に、日常生活の中でも情報が支配しているからです。しかし、その情報の中には正しくないものが存在していたり、個人情報の流失による被害などもあることも事実です。このことをふまえて情報をうまくコントロールしていければ良い思います。

IT社会で幸せになる条件

IT社会で幸せになるには、まずIT社会について正しく知ることが必要になってくるとおもいます。身近なところでもインターネット上の書き込みなどがあります。
 最近、インターネット上の書き込みに関するトラブルが増加しています。他人に対する誹謗中傷、個人情報の流出などです。それらは絶対にあってはならないことであり、被害者に与えるショックはとても大きなものです。ネット上には真剣に書き込む人からただ荒らしにくる人、あるいは何か悪いことを企んでいる人までが同じ土俵の上にあがっているのです。
 そのような恐ろしさを理解した上で利用し、どんな情報にも注意して向き合い、正しく取捨選択する能力を持てばIT社会で幸せに暮らしていけると思います。

IT社会で幸せになるには、自分にとって必要な情報とそうでない情報をしっかり選択し、考えを深めていかなければならないと思います。そして、自分の考えをしっかりと持って行動、選択、実行していかなければいけないと思います。今、私たちの生きている社会は、沢山の物質、情報があふれています。その中で、きちんと自分に責任を持って生活することが大切だと思います。その中で、人生の目標を掲げ、一つ一つの自分の行動に責任を持つことが重要だと思います。

IT社会で幸せになる条件

 IT社会で幸せになるための条件は、パソコンなどの機器を正しく使えることだと思います。それは大前提だといえばそうですが、一番大切なことではないでしょうか。今の社会ではパソコンが使えなくては、どうしようもないことがたくさんあります。実際このブログに書き込むという課題もその1つにあてはまりますし、就職の際にも採点基準のうちに入っていることも少なくありません。
 当たり前のことを当たり前にするのが一番難しいことです。IT社会というのは、パソコンを使えることが当たり前の社会なのでしょう。

IT社会で幸せになる条件

私は、IT社会で幸せになるために、まず、さまざまな情報に左右されずに、自分で情報を選べることができるようになることが大切だと考えます。
現在の世の中では、インターネットが携帯でも見ることができるようになり、いつでもどこでも情報を手に入れることが可能になっています。しかし、その情報の中には、間違った情報も紛れ込んでいると私は考えます。
情報をたくさん手に入れることは、とても便利なことですが、さまざまな情報の中で、流されずに、自分に必要な情報を見極める能力を持つことが、私の考えるIT社会で幸せになる条件です。

IT社会で幸せになる条件

IT社会では、今まで得られなかったようなたくさんの情報
が手に入ってしまうので、その中で自分にとって本当に必
要な情報を見極めることが必要だと思います。
なかなか難しいとは思いますが、最近はインターネット等を利用した犯罪が大変多く、日常生活で利用する機会も
多いため、私たちが巻き込まれる可能性も非常に高くなっ
ています。なので、そういった情報を受け入れる際には、私
たち一人一人が危険意識を持つようにするべきだと思い
ます。

すみません

上の記事は学籍番号06411034の記事です。

IT社会で幸せになる条件

IT社会では、今まで得られなかったようなたくさんの情報
が手に入ってしまうので、その中で自分にとって本当に必
要な情報を見極めることが必要だと思います。
なかなか難しいとは思いますが、最近はインターネット等を利用した犯罪が大変多く、日常生活で利用する機会も
多いため、私たちが巻き込まれる可能性も非常に高くなっ
ています。なので、そういった情報を受け入れる際には、私
たち一人一人が危険意識を持つようにするべきだと思い
ます。

IT社会で幸せになるために,情報を安全に入手できる対策を知った上で,十分注意して利用することだと思う。
IT社会には役立つ面もあるが,同時に危険な面もある。そのことを配慮して,ウイルス対策のためにデータをバックアップしたり,怪しいメールは開かないようにしたり,受信拒否にしたり・・・。個人で危険を防止するための知識が必要だと思う。
また情報ばかりに依存せず,自分の五感で確かめることも大切だ。体も動かせて良いと思う。

すいません・・・

15日(土)21:03のは,06210128の者です。

IT社会で幸せになる条件

IT社会で幸せになるには、豊富な知識と実行力(行動力)が必要だと思います。いろんな知識をもってるからといって、実行できなければ意味ないし、実行力があるからといって、理にかなってなければ意味がありません。
世の中には色々誘惑や、間違ったことが飛び交ってます。そのとき知識力があれば、危険を回避できると思います。色々な危険を回避し、一番成功する考えをあみ出して、実行すれば幸せになれると思います。

IT社会で幸せになるためには、自分の人生における目標を明確にすることが大切だと思います。そのためには、身のまわりの様々なことに興味、関心を持ち、自分にとって必要な情報とそうでない情報をしっかりと見極め、自分の行動に責任を持つ事が重要になってくると思います。「どうせ私一人位・・・・・・・したって平気だよね?」という考えを改めて、自分のした行動に伴ってくる結果を考慮した行動を心掛けるべきだと思います。

IT社会で幸せになるための条件

私は、IT社会で幸せになるためには、ITが人間の利用する《技術》の一つに過ぎないことを忘れないことが必要だと思います。そのことを忘れて、ITによって実現可能になったネット上でのやりとりを、現実世界と切り離された別世界だと誤解した時に、私たちは問題に巻き込まれたり、あるいは問題の原因となってしまいうると思います。したがって、ITに幻想を抱くことなく、しっかりと《道具》として使いこなすことが、IT社会の中に幸せを見つけ出すための一番の条件だと思います。

IT社会での幸せについて

私は、今のIT社会については半分賛成、半分反対、です。
それをいうのも自分がこの社会から恩恵をもらっているからです。
たとえばインターネットでの情報検索、携帯電話でのメール。
このように恩恵を受けているから賛成で、幸せになっているのだと思います。ですが、もしこのまま社会がどんどん便利になっていくのに不安はあります。
もし将来、すべてがITで回ると人間としての本質が消えてしまうのではないでしょうか?
そのような不安を常にいだき、情報を的確に選別して得ていくことが、将来といわずいまからもっていくことが幸せにつながると思います。

IT社会で幸せになるためには

いまIT企業は盛んだが、多くのIT企業は買収、株取引など自分達で物を作り出すことがないと思います。
IT社会で幸せになるためにはIT社会で物を作り出すべきではないでしょうか。
物を作り出すためには多くの人が必要となり、雇用率も上がると思うし。


IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるためには、まずはインターネットを使いこなせることを自分の力にしてしまうということであると思います。
それにもインターネット環境においては、たくさんの情報があふれているということは忘れてはいけないことでしょう。
たくさんの情報の中から最も正確な情報を選び出し、さらにその情報をうまく利用できることでIT社会を見方に付けてしまうのが一番有効なのではないかと思います。
ただこれも危険が常に隣り合わせだということを忘れてはいけないでしょう。
まずはいろいろな経験をしてみること、そこから自分のスキルを上げていくことが、インターネットを利用したIT社会で幸せになるための第一条件であると自分は思います。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるにはと考えてみても、僕は何も思いつきませんでした。お金を増やすことが幸せとは思えないし、結局は一部の人だけがお金を得るだけで多くの人は失う一方だと思います。IT社会には僕の思う幸せはないのかと思います。

IT社会で幸せになるための条件

IT革命後、インターネットひとつで好きな情報が手に入り、好きな物が買え、好きな人と連絡が取れるようになどできるようになりました。非常に便利な社会です。しかし一見良いところしかないように見えるがなかには、ネットゲームにはまり学校、会社に行かなくなる人、ネットオークションで生計を立てる人などがいます。本来、人はたくさんの人と触れ合い、たくさんのことを経験し、たくさんのことを学び自分の人生というものを歩んでいきます。しかし上にあげたように生きていくと何のために生きているのかわからなくなります。これでは生きていくためのひとつの手段として使うべきインターネットが目的となってしまってい。だからIT社会で幸せになるには自分はひとつの手段としてインターネットを使っているのだということを自覚して利用しなければならない。

IT社会で幸せになるための条件 上のは誤って送ってしまいました

IT革命後、インターネットひとつで好きな情報が手に入り、好きな物が買え、好きな人と連絡が取れるようになどできるようになりました。非常に便利な社会です。しかし一見良いところしかないように見えるがなかには、ネットゲームにはまり学校、会社に行かなくなる人、ネットオークションで生計を立てる人などがいます。本来、人はたくさんの人と触れ合い、たくさんのことを経験し、たくさんのことを学び自分の人生というものを歩んでいきます。しかし上にあげたように生きていくと何のために生きているのかわからなくなります。これでは生きていくためのひとつの手段として使うべきインターネットが目的となってしまっています。だからIT社会で幸せになるには自分はひとつの手段としてインターネットを使っているのだということを自覚して利用しなければならないと思います。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会では、インターネットで、自宅にいながら株やオークションなどで商売ができるようになりました。しかし、その反面で、ひきこもりやニートといった自分の体をほとんど動かそうとしない人間を生み出してしまった。つまり、成功者にとってはIT社会はかなりのメリットがあるにも関わらず、成功できない者にとってはかなりのデメリットなのです。私は、IT社会で幸せになる条件は、成功しようとする努力が必要不可欠なのだと思います。

IT社会で幸せになる条件

 現在の高度情報化社会のことを一般的にIT社会と呼ぶ。ではこの社会で生きていく上で、我々が「幸せ」になる条件とは何なのだろうか。
 もちろん「幸せ」とは個人によって異なる性質のものである。特にIT社会では選択肢が多様化しているので、その傾向は顕著だ。私個人が今までに幸せを感じたのは、高校時代である。友情という形で、幸福を体感した。思うに、人間は人間である限り、人との関わりの中でそれぞれの幸せをつかんでいくのだと思う。だとすると、人間の直接的な身体を通じた関係の必要性を小さくするIT社会は、「幸せ」と逆方向であるようにも見える。しかし、言葉を通じて思いを伝えるように、ITを「幸せ」に至る手段のひとつとして人間が知恵を持ち活用していけば、ITと「幸せ」は両立するだろう。
 たとえば、オーダーメイド医療でその人に合った医療を行うようになれば、より快適に過ごすことができるようになる。また、ユビキタスネットワークによる省エネルギー化の実現は住みよい社会をつくるだろう。そういった技術を倫理的に活用できる知恵、そしてそれに加え、どんな些細なことにせよ「幸せ」を実感したという経験があることが、IT社会で幸せになる条件であると、私は考える。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるには、IT技術に依存しすぎてはいけないと思います。例えば何か調べようとするときに、インターネットはとても便利です。だからといってそこから得た知識や価値観を鵜呑みにして、自分で考えることをやめてしまってはいけません。インターネットに書き込まれることが正しいとは限りません。自分で考えて行動できなくてはならないと思います。

 IT社会で幸せなる条件は何か。
 IT社会は便利である。情報が簡単に手に入れられ、モノを自宅に居ながら購入でき、遠隔地への連絡もスムーズになり、これからもIT社会はどんどん進化していく。だが、便利=幸せではない。
 ビジネスやプライベートでの、メール連絡が増え、面と向かって話すということが少なくなった。自宅で買い物ができるようになり、他者との交流が減った。
 便利になることで、人のコミュニケーション能力は低くなり、社会は乾いてしまった。
 IT社会の中で私たちは、人間としての幸せを忘れようとしている。 そこから脱するために、私たちはIT社会のメリット・デメリットを理解し、実生活での人間のかかわりの中で生まれる幸せを自ら追い求めることが必要だと考える。
 私の乏しい知識では、こんなアバウトなことでしか答えを出せないが、授業を通じて形のある答えを見つけたいと思う。

課題1

IT社会で幸せになるには、まず技術を使いこなすことだと思う。最近問題になっているデジタルデバイトも技術を使いこなせないところから生じているものだ。この問題を解決する手段は私にはわからない。だからこそ、さしあたって我々は技術を使いこなし情報化社会の中で強者になって生きていくしかないだろう。

IT幸せになるための条件

IT社会で幸せになるには、やっぱり情報の吟味が大切だと思う。インターネットは便利だが、真偽があまりはっきりしないことが多いと思う。あまりネット上での情報を信用しすぎてはいけないし、逆にまったく利用しないのでも今のIT社会では厳しい。だから、IT社会で幸せになるためには情報に振り回されないような、一定の距離を保ちつつうまくネットを活用するすべを身につけなければいけないと思う。

IT社会で幸せになる条件

 私たち現代人は、IT社会とは切っても切れない関係にあり、生活が大変便利になったのは確かです。しかし、それによって生まれた危険性も忘れてはなりません。安易な例ですが、インターネットによってどこにも出かけずに服も食べ物も手に入れられるようになりました。買い物の手間が省けて便利といえば便利です。その上、オークションなどでより安価なものを買うこともできます。しかしネット上の情報がすべて事実だとは限らないため、自分が思っていたものとは違うものが届いたり、最悪届かないこともあり得ます。
 IT社会で幸せになるためには、自分の頭で考え、もしくは他の人に相談をして情報を見極めていくことが大切だと思います。

IT社会で幸せになる為の条件とは?

IT社会においてよりよく生きていくためには、人間として、他の人間とのつながりを意識するのを忘れない事が大切であると私は感じます。なぜならば、ヒトの内面をわかってあげられるのは我々人間だけだからです。世の中は大変便利になっています。私たちは相手の顔も見ずに連絡のやりとりができるようになっています。確かに、自分の伝えたい気持ちをストレートにいえることはすばらしい事ですが、どうしても相手の感情をないがしろにしがちではないでしょうか。人間同士だからこそわかること、コンピューターにはすくいとれないことが世の中にはたくさんあるはずです。周りのヒトとのつながりを大事にして生活することが、この世界で幸せに生きるということだと思います。

IT社会で幸せになるためには

IT社会と言われる今、仮に〔幸せ〕=〔情報技術を駆使して仕事の効率を高め経済的余裕を持ったり、発達した通信技術を利用して世界を広げ生活満足度を上げること〕などと定義できるなら、パソコンや携帯を手離さず持ち歩いている日本人の多くが〔幸せ〕を感じていることになる。
 しかし、現実は『幸せになる方法』といったタイトルの本が爆発的に売れたり、様々な場面で「幸せになりたい」と口にする人がいるのをみかけることから、前述した定義が誰にでもあてはまることではないことは容易にわかる。
 ITとは〔幸せ〕と感じる時をつくりあげるための単なる手段の一つであるのだということを再認識しなければならない。さらに、自分の意志次第で無限に広がる可能性を秘めるIT社会では、〔IT→幸せ〕ではなく〔目標→IT→幸せ〕というように、あくまで必要な面を取捨選択して利用することが大切だと思う。
 IT社会に突入して生活に変化があったことは確かだが、個々が幸せと感じる瞬間は人それぞれであることに変わりはない。自分にあわせて利用する必要があるだろう。

IT社会で幸せになる条件

IT社会で幸せになるためには、IT社会とはそもそも何なのかを知ることも前提として必要だと思うが、私が考える条件は自分にとって本当に必要で、安全な情報、知識は何なのかを見極める力、自分の意思を確立させるといったような内面的なことが必要になると思う。確かにIT社会は自由に情報を選んで利用できるので便利なように思われるが、自分の考えをしっかり持っていないと危険な情報に流されてしまう気がする。世界規模の変化に対応できるだけの能力を持つIT社会では身の回りに多様な情報と知識がさまざまな形であふれているということである。この世界規模で動いている社会で幸せになるためには、自分にとって無用な情報に翻弄されずに、自分にとってプラスになる情報を選び抜いて利用する力を備えることが必要だと思う。

IT社会で幸せになる条件

 IT社会で幸せになるには、社会が発達していくにつれて発生している問題にも目を向けれることが重要だと思っている。
 例えば、インターネットの発達によって、欲しい情報を大量に、しかも簡単に得られる。しかし、その大量の選択肢に悩みだし、他人の意見なしには決断できなくなってしまった。このことが進行してしまえば、自由を追い続けてきて、自由を得たはずなのに、その自由さのために自由を失うことになってしまう。これでは幸せになることは困難だと思う。今回考えることは、幸せになる条件なので、僕は、そのひとつとして、IT社会の中でも自分を持つことをあげておく。

IT社会で幸せになるための条件とは

パソコンや通信技術の発達にともない現代社会は高度化し、IT社会になっている。高度化により生活が便利になっているのはいうまでもないだろう。私達はパソコンやテレビなどからすぐに自分が必要としている情報を得ることができるし、欲しいものをわざわざ店に行かなくてもパソコンから注文できる。しかし、そのため情報は氾濫し、今ではかなり多くの事実とは違うデマ情報も流れている。それだけではなく、ハッカーなどが増え個人情報が危険にさらされている。つい最近の大手企業の顧客名簿が社員のパソコンから流出したニュースは鮮明に私の記憶に残っている。一度高度化しIT社会になってしまったらなかなか昔のように戻すのは難しいし、必ずしも昔のほうがいいというわけでもない。昔と今でどちらがよかったかという問題は難しいと思うし答えは人によって違ってくるだろう。だからその答えを探すより、今ある現実に私達のほうから適応させていく必要があるだろう。自分でしっかり考えて手に入れた情報を吟味し、正当性があるかどうかを確かめる必要がある。つまり溢れる情報の中で本当に自分が必要としている情報を見つけ出すスキルを身に付けることがIT社会で幸せになるための条件だと私は思う。

IT社会で幸せになる条件

IT社会で幸せになるには次の2つが重要であると思う。
まず人間性である。IT社会では、メールをはじめ、顔をあわせないコミュニケーションが増えている。このような相手の存在への認識が少なくなっている場では匿名で個人を中傷したり、面と向かっては言えないようなことをメールで伝え、相手を傷つけてしまうようなことが多い。その中で幸せになるには、小学校で教わったように、「もし自分が相手の立場だったら」などというように、常に相手を思いやることが大切だと思う。
次に情報の取得と扱いである。今インターネット上には情報があふれており、その中には偽の情報もある。そこで、できる限り多くの情報源にアクセスし、情報の真偽を見極めることが大事である。このことを常に意識し、多くの情報を得ていけば、それが幸せにつながると思う。

IT社会で幸せになるための条件は、IT社会のことをよく知り、インターネットなどの様々な情報を活用していけばいいのではないかと思う。けど、今は中には悪い情報などがあったりするので、正しいものか悪いものかを判断する力を身につけることが大事だと思う。今の世の中は大変便利なものが多いので、正しい知識を持ち、そういったものを使っていけば、幸せにつながっていくのではないかと思う。

「IT社会」と聞いて、私がまず思い浮かべるのはパソコンとインターネットの2つである。厳密な定義は異なるにしても、「IT社会」と「情報化社会」との間に深いかかわりがあるのは多くの人が認めるところだと思う。

インターネットを中心とする情報技術の革新にともない、「情報格差」という言葉が生まれ、経済構造が変化するスピードも速くなってきている。このような世の中では、情報1つで自分の人生における決定が違ってきたり、自分に有利な情報をもっているか否かによって他人に対して、ひいては社会の中で優位に立てるかどうかも決まってくる可能性がある。したがって、「情報化社会で生き抜くための術」としては「『情報収集能力』と『情報を取捨選択する能力』を有すること」というのがもっとも適した回答であるように思う。

しかし、これだけで「幸福」という条件が満たされるかといえば、それは甚だ疑問である。確かに、自分に有利な情報を得て、それをうまく活用することは「幸福」になるための1つのアプローチだと考えることもできるが、物質的(ここでは「情報」も含む)に豊かになるだけで「自分は幸福である」と感じる人は皆無に近いだろう。

ITの普及によって唯物論的な風潮が生まれてきている中、「心の豊かさ」への人々の興味・関心が薄らいでいるのではないかと私は考える。そして、このような状況であるからこそ、(物質的な豊かさに加えて)精神面での充実を図ることがIT社会で幸福になるための条件の1つと捉えることができよう。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるための条件のひとつは、膨大な情報の中から、有益な情報、無益な情報、さらには有害な情報をより分ける能力だと思う。有益な情報を得れば得をし、無益な情報に振り回されれば損をし、有害な情報にとりつかれれば人生を台無しにしかねない。その損得の大きさは計り知れない。一瞬の情報の見極めによって、何十億という大金を手にすることもあれば、青少年の好奇心と幼さにつけこんだ出会い系サイトなどでの被害もよく聞く。かといって一切の情報を無視して生きることは不可能だろう。身近なことでは、ネット上での割り引きクーポンの発行、大学入試情報など、情報の有無が、すでに、生活の豊かさや人生の選択に直結している。IT社会という情報の海の中で生きる限り、情報をより分け、賢く利用する能力は必要不可欠であり、すでに我々の生活レベルや人生を左右する、おおきな要因のひとつとなっていると思う。 

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるためには、それぞれの人にとって本当に必要な情報を選ぶことのできる能力が必要になると思う。現在の社会は、膨大な情報であふれている。しかし、それらの情報の中には、間違った情報や紛らわしい情報も多く潜んでいる。そのような情報に左右されることなく、正しい情報を見極めることができるようにならなければならない。そのためにも情報をしっかりと学び知識を増やすことも、これからの社会で幸せに生きるための条件の一つになると思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まず、パソコンなどを自由に使うことのできる能力が必要だと思う。しかし、この能力を持っているからといって、幸せになるとは限らないのではないだろうか。現代は、インターネットやテレビ、新聞などで多くの情報が流れている。そのような情報には、書いた人の意見や考えが混ざっていると思う。多くの情報の中で、自分に必要なものはどれか、正しい情報なのかということを的確に判断していかなければならない。IT社会で幸せになるためには、情報機器を使う能力、情報を見極める能力が必要だと思う。

IT社会で幸せになるにはまず幸せということ自体が何かを考えることから始めるべきだ。だが、それから書くとなるととても文が長くなってしまうので、それを省略して書いていこう。
ネットというツールのほかのメディアとの最大の違いは、それが一方的ではなことにある。つまり、自分から発せられる情報というものが存在するのである。そしてそれによって様々なネットワークが構築され、人と人との関係が作り上げられてきた。
だが、その一方でネットというもの自体が実際の対話や人とのつながりを持ってしまった。それにより、人はその世界に閉じこまり、実際の生活との間に壁をおいてしまった。
話を戻そう。
IT社会というのは人々に利便性という甘い果実を与えた。その一方で、その甘い果実の持つ毒によって仮想の世界という箱の中に閉じこもる人も増えてきてしまった。幸せになるためにはまずこのIT社会によってもたらされた、毒というものを理解し、そして現実社会の大切さ、人とのつながりによる大切さを大切さを知るように努めることが一番であろう。非常にこの問題をITを通して解決することは難しいが、それでもやっていくべきと私は思います

自分の欲しい情報をしっかり選べる力を身につけた時に、
IT社会で幸せになれると思います。多くの情報の中から目的のものを見つけれることが複雑なIT社会で幸せになれる条件なのです。なぜなら、情報を与える人たちがどんな人たちなのか、本当に信じていい人たちなのか自分自身で判断しないといけないからです。なので、条件の一つには、様々な情報の中から選び抜く力が必要なのです。

ITを積極的に活用しすることは、作業を効率よくしたり、時間を短縮し便利な世の中にしていることは間違いない。
さまざまな情報があふれているIT社会において、正しく本質的な面を見抜き、自分が本当に必要なものを選択することができる思考力や洞察力などを磨くことが必要になってくる。その中で身につけた力をいかしつつ、コンピュータでは得られることのできない人との関わりやふれあいも大切にしながら生きていくことがIT社会で幸せになるための条件だと思う。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるためには、まず、パソコンなどの機器を使いこなせるようにならなければならないと思う。インターネットなど便利なものがあっても、パソコンを使えなければ意味がない。ある程度使えたとしても、膨大な情報の中から正しい情報を選び出すのは難しい。これからIT社会に生きていくために、もっとパソコンなどの機器の使い方や、情報の選び方などを知らなければならないと思う。

IT社会で幸せになるための条件

今の時代は情報の量が多すぎると思う。
例えば、インターネットを開いて、検索エンジンでたった1言検索するだけでも、数万件という膨大な量の情報が私たちの前に立ちはだかる。私たちはそれらの情報をどうやって選ぶのだろうか。
量?それとも質?
どちらを取るか、あるいはもっと違う選択肢があるかもしれない。だが、それは人によって大きく違ってくるだろう。
大事なことは、自分にとってどんな必要な情報なのかを理解し、そして選択することだと思う。
でも、これは「IT社会」で幸せになるための1つの条件に過ぎない。その人がどんな情報を選ぶかによって、その人の考える幸せへの条件だって違ってくる・・・はず。

IT社会での幸せになるための条件

ITが発達して人々が知りたい情報を手軽に知ることが出来るようになったりして暮らしが豊かになった。しかし、それらが真実と言い切れるかというとそういうわけではない。そして、そのITを利用した犯罪が増えているのも確かだ。
だから、ITの全てを肯定するというのではなく、否定できる(疑うことができる)自分を持つことがIT社会で幸せになる為に必要だと思う。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会によって、たくさんの情報がより簡単に手に入るようになった今。インターネットにつなげば即、知りたい情報を知ることができる。しかしその反面、膨大な量の中からの必要情報の選出は困難であり、また、すべての情報が事実であるとは限らない。そうした中で、選出の力や事実であるかどうかを見極める力を身につけてこそ、IT社会で幸せになる第一歩となるのではないかと思う。

エラーが発生しました。

IT社会と言えば、私はまずインターネットを思い浮かべる。パソコンを通して様々な人達とふれあうことが出来る。また、新しい情報を得たりして世の中のことを知ることさえも出来る。いわば、私たちの生活の一部である。
しかし、その背景には悪質なハッカーや誹謗中傷などの問題点がある。また、個人情報の流出が今マスメディアで大きく取り上げられている。
これらを改善するために、私たちができることは、情報の取捨選択である。本当に必要なものだけを選び、自分に役立てることができればいいと思う。そして、これから情報についてしっかり学び、人間性を深めることが、IT社会で幸せになる条件だと思う。

IT社会で幸せになる条件とは?

私の考える「IT社会で幸せになる条件」とは2つあります。1つ目は社会のすべてをITでガチガチに動いてる社会を作らないことだと思う。私はインタビューで茂木健一郎氏が「ゆっくり時間をかけなければ出てこない発明や発見、ひらめきというのが人類に大きな恵みをもたらすスローなプロセスがなければ人類は豊かになれなかった。又、99%はITでガチガチに動いてる社会でよいが1%はスローな部分が必要だ。」という意見にとても共感した。例えば、電車は時刻表通り動いてもらわないと困るがその電車を作るのには1%のスローな時間が必要だということです。                 2つ目は世界中の人達で得ることのできる情報量の格差をなくすことだ。これは今ほとんどの人がこのことを考えるだろう。例えば、先進国と発展途上国との差である。しかし先進国の中でもそういった格差はある。例えばアメリカだ。IT企業の集中するシリコンバレーではヒスパニックの人達や黒人の人達は貧困地域に多く住んでいるためパソコンの教育を受けておらず会社の85%の求人がコンピュータを扱えることを条件としているためにIT関連企業への就職が非常に厳しいということである。人類に平等に与えられなければならない教育を受ける権利と同様に得ることのできる情報量も平等性が必要だ。この問題についてこれから取り組むべき事は世界の大手企業が貧困地域の小学校などにパソコンを提供したりその教育方法のカリキュラムを作成、提示したりともっと積極的に行っていくことだと思う。

IT社会で幸せになるための条件は、様々な情報がいきかっている情報化社会の中で、誤った情報と正しい情報を選択することができることが大切であると考えている。つまり、幸せになれるかどうかは自分次第である。発達した情報機器をうまく利用して世界中の様々な人々とコミュニケーションをとり、ほかの国の文化や歴史を学ぶ事はすばらしい事だと思うし、そういった意味ではIT社会は良いものだと考える。
しかし、人を中傷する文章や情報を流すなど悪い面も持っている。そういった事が出来ないようなしくみができれば、誰もが安心してインターネットなどを使えることが出来るようになり、それがIT社会で幸せに生きるという事であると思う。

IT社会で幸せになるための条件

私はパソコンが使えません。すごく苦手です。今も、必死になって一文字ずつ打っています。IT社会で幸せになるための条件は、IT社会についていけない人も幸せになれないことにはそろわないのではないでしょうか。
大学も一つのIT社会だといえると思います。生徒の情報はコンピュータに入力され、レポートや連絡がパソコンで行われるものもあります。パソコンが得意な人は、パパッとレポートをおわせますよね。でも苦手な人はかえって時間がかかって不利です。
これはもちろん社会でも言えることです。パソコンが使える人は仕事の面でも有利で、家で好きなときに欲しい情報をすぐ手に入れられたりします。あふれる情報から必要な情報を手に入れること、誤った情報や有害な情報に気をつけることなどは、IT社会に乗れている人が幸せになるための条件です。大事なのは、それ以外の人たちのことを考えることです。

日本は、小中からパソコンに触れ合う機会が多く、パソコン講座もたくさんあります。単純に言ってしまえば苦手な人は使えるように努力すればいいのです。現代は、私たちのほうがIT社会に乗り遅れないように努力しなければならない時期になりました。でも私が言いたいのは世の中すべてがコンピュータに差配されては絶対だめだということです。
今の社会は本当にすばらしいです。技術の発達は、私たちにたくさんのものを与えてくれました。でも、本を読んだり、自分の手を使って文章や絵を書いたり、外で遊んだりすることだってすばらしことなのです。
今の便利な社会を保ちつつ、自然をけして忘れないことが、IT社会で幸せになるための条件なのではないだろうか。

06610069
IT社会で幸せになるには、たくさんの情報をを取り入れて、どの情報が正しいのかを見極める力が必要だ。
IT社会は情報化社会とも言える。情報を持っていなければ、社会の流れについていけないし、簡単に人にだまされてしまったりもする。
しかし、IT社会ではいい意味でも悪い意味でも簡単に情報が手に入る。そのため、情報の表面しか分からず、その中身まではわかっていない場合が多い。わかっていないのにわかった気になってしまう。そこで、私はIT社会では情報に疑問を持ち、詳しく調べる必要もあると思う。
しかし、IT社会だろうとなんだろうと、幸せはその時には気づかないが、振り返って思い出した時に気づくものだと思う。だから、情報を得ることも大事だが、その時を大事にするのが幸せにつながるのだと思う。

IT社会によりよく生きるために

IT社会によりよく生きるためには、情報を正確に知る必要があるのではないかと考える。現代社会において、不明瞭な情報が多くとびかっており、どの情報が正しいのか理解出来ないことが多い。そんな社会の中に生きる私達は、情報を正確に理解しようとする努力をするとともに、少し疑いの目を持って情報と向き合っていかなければならなくなってきているかもしれない。IT社会が持つ便利性と怖さを十分理解していきたいと私は考える。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会では、今まで得られなかったようなたくさんの情報が手に入ってしまうので、その中で自分にとって本当に必要な情報かを見極めることが必要で、私たち一人一人が危険意識を持つようにすべきだと思います。

IT社会で幸せになるための条件

 ITは今や私たちの生活に完全に根付いている。思えば私たちの世代が初めてインターネットというものに触れたのは小学校高学年の頃で、学校にパソコン室が作られ、こぞって授業にパソコンが取り入れられた。最初はインターネットのすばらしさに夢中になったものだ。
 だが、今小学校に通っている子供たちは物心がついたころから、すでにパソコンなどのIT機器に囲まれた暮らしをしていて、それらのある生活が当たり前になっているかもしれない。それはには多少の不安があるように感じる。 
 先日ライブドアの堀江元社長に関するニュースを見たのだが、彼は新聞やテレビのニュースは普段ほとんど見ないらしい。情報の収入源は主にインターネットで、自分の見たいとき、見たい記事だけ見ているそうだ。それは便利ではあるが、裏を返せば、自分の見たいもの以外はすべてシャットダウンし、視野を狭めている可能性もある。最近の世の中全体が個人主義化していることに関係していることもありうるように思う。
 したがって、私はITは人間のすばらしい発明であることは間違いないと思うが、人間の社会に与える影響はまだ知られていない部分が多々あると思う。それらの問題をいろいろな視点から研究し、よく知った上で初めて本当の意味でのいいつきあい方ができると思う。

IT社会で幸せになるための条件

やっぱり、多くの情報の中でどれが正しくて自分に必要な情報なのかを見極める力が、幸せになるための条件だと思います。
自分は、中学三年の頃から、自宅でインターネットを利用していました。そのため、自分では結構IT社会に馴染んでいると勘違いしていました。自分のHPも持っているんですが、こう色々な情報が飛び交う中にいて、ついこの前、自分は勘違いしていると気づきました。
ネットサーフィンをしていても、わからずに不幸になっている人もたくさん見てきました。
なので上記の通り、自分に適切な情報を見つけ、利用していくことが大切だと思います。

最後に一言。
この多くの情報が飛び交う世界で、周りの人の色々な立場での意見を聞いて、受け入れていくことも大切であり、必要だと思います。

 IT社会がどんどん進むにつれ、多くの情報が簡単に得られるようになりました。あまりに多くの情報が得られるために、間違った情報や悪い情報も多く出回るようになったと思います。したがってこれからのIT社会で幸せになるためには、間違った情報や悪い情報を見分ける目が大切になってくると思います。

IT社会では、多くの情報が入手できるようになり、私たちにとって便利な生活を送れるようになりました。しかし、得られる情報には正しいものだけではなく、誤った情報も多数あります。情報の価値が上がってる今、どの情報が正しいのか、どれが必要なのかを見分ける力が重要だと思います。

IT社会では無数もの情報があるためどの情報が正しいのか、あるいは間違っているのかを見極めるのが困難である。そのため回りに多くの情報がある中で自分はどう考えているのかをはっきりさせることが重要だと考えます。

僕はあまりパソコンに詳しくなく、こういう問題についてはあまり分からないのですが、少なくともこれからは更にIT社会は発展していきもっともっとパソコンが普及していくことは明らかです。そんな中で、僕らがそれらに適応していき、そんな時代とうまく付き合っていくには、やはりこのパソコンを使える人と使えない人との格差は問題であるだろう。僕もその使えない人の中の1人である。これからの時代に多少なりの不安を覚える。しかし、IT社会は大変便利なもので、使い方によってはいくらでも有効利用出来るものである。IT社会にうまく適応していき、幸福になるための条件は、いかなる人でも簡単に利用、使いこなすことが出来るようになる社会が求められていることだと僕は思う。05315010

幸せになるという価値観は人それぞれ違うと思うし、どれが正しいかなんて区別できないと思う。でも、共通点はある、それは何か目標を持つことだ。これはIT社会になっていったとしても変わらないと思う。あとは、周りに流されすぎないこと、しっかりと自分と向き合うことも大切だと思う。

IT社会で幸せになるための条件

私は、IT社会でたくさんの情報が簡単に手に入れられるような時代だからこそ、目の前のものを信じないで、自分の意見を持つことが大切だと思います。自分の考えがしっかりとしていれば、インターネットでたくさんの情報を目にしても、他の怪しげな情報には触れないだろうし、自分の求めている情報だけに注目できます。
また、これからどんどんIT社会になっていくことによって、多く年を重ねた人たちには大変な社会に成っていくのではないかと思います。携帯電話がいい例だと思うのですが、私たちの親の世代では、使いこなせない人ばかりだと思います。ですから、どのような人にとっても快適に暮らせるような社会作りが必要になってくるのだと思います。せっかくIT社会で便利になっていくのに、その元が使えないのでは意味がありません。IT社会では、便利さだけでなく、なじみやすさが浸透すれば、誰もが幸せに暮らせる社会に成るのではないかと思います。

IT技術の進化により私たちの生活は便利になりました。しかしその反面数多くの問題も生じています。
例えば最近よくニュースで個人情報流出やインターネットによる悪質なサイトをきっかけとした事件のことを耳にします。パソコンを通して情報を送ることは、瞬時に世界中の人と交流できるという利点がありますが、同時に、誤った情報や個人情報が不特定多数の人に知られてしまう危険もあります。悪質なサイトに関しても、その便利さゆえに取り締まることができないほど多く存在します。
 このようにIT技術の進化に伴って私たちに対するリスクが大きくなったら、IT社会で幸せに暮らすことはできないと思います。そこで、技術の進化と平行してそれを使用する人を律する法律や規制をしっかり定めることが、これからの生活をよりよくするために必要だと思います。

いろいろな情報を知ることが重要だと思う。今の社会の情勢や自分が何をしなければならないのかを知り、社会の一員としてIT社会のもたらした産物を享受していくことが幸せだと思う。

ITの発達により私たちの生活は豊かなものになりましたが、情報の流出などで氏名や住所や電話番号などの個人情報が公表されるなどの事件も増えてきました。よってプライバシーの保護を徹底することが重要だと思います。

まず、ITに関しての知識をそなえてなければ幸せに暮らすのは難しいと思います。
一度に大量の情報が流れ込んでくるので、その情報を自分で正しく判断し、取り込まなければならないので何よりもまず知識が備わっていることが大切です。
しかし、デジタルデバイトといった問題があるように誰もがITについての知識を養えるわけではありません。なので誰もが理解出来るようなIT社会を築いていけば幸せになれるし、今後の私達の課題だと思います。

IT社会で幸せになるための条件

情報を鵜呑みにしないこと。信頼できる情報源をみつけること。あとパソコンを使えればある程度幸せに暮らせそうです。

IT社会で幸せになるための条件

 ITに関しての正しい知識、大量に蔓延している情報に流されない姿勢が必要だと思う。しかし、実現するにはかなり難しいことだと思います(>。<)

IT社会で幸せになるための条件

今、この世の中には大量の情報が行き交っています。その情報には、私たちを大いに助けてくれるものもあれば、逆に私たちに不必要なものもあります。これを十分に理解した上で情報の信憑性を個々人が判断し、IT社会に私たちが支配されるのではなく、私たちが巧くIT社会を利用するよう心掛ければ、複雑なこのIT社会でも幸せになれるのではないかと思います。

IT社会で生き抜くためには

IT社会で生き抜くためには、やはり情報に流されず、自分の意思を貫くことが重要だとわたしは強く思う。今やITが無ければ人は生きていけない時代になっている。だから人間はITと上手に一生付き合っていくことになる。今こそ人間の真価が問われる時だと私は強く思う。

IT社会で幸せになるための条件

思うに、IT化社会で幸せになる条件は
「様々な有効利用できる情報を得る」これに尽きると思う。

IT化社会が進むにつれてネットが使える環境にいる人と
そうでない人との間には貧富の格差のような情報の格差がでてくるとは思われるが、
これは仕方のないことだと思われる。
しかしその溝をうまく埋めていき、好きな情報を好きなだけ手にすることができるような環境になれば
IT化社会は私たちに色んな道を提示してくれるものだろうと思う。

余談だが、将来的にはドラえもん位のIT化社会になったらいいなとも思う。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるためには、行き交う大量の情報の中でその情報が自分にとって本当に必要なのかを判断する力が必要になってくると思う。
それによって皆がネット上に存在する様々な中傷や批判などに影響されずそういう情報に流されない人間になればいいと思う。

IT社会で幸せになる条件

IT社会を上手に生き抜くには、まず膨大な情報に踊らされないことが大事だと思う。Web上に氾濫している膨大な情報の中から、自分にとって必要な情報だけを選び抜く力が今必要とされているだろう。
いまや、株式市場の個人投資家の大半がネットで取引している。全盛期のホリエモンを夢見ている人もいるだろうけど、裏を返せば無一文になる可能性もあるわけで、現在の市場はまさにミニバブルと呼んでもいいだろう。
まさにIT社会は利便性と危険性をはらんだ危険な代物なのだ。
この社会をうまく乗り切るためには、常に情報を客観的に情報を吟味して取捨選択するしかないようだ。

必要なことは敢えてITから距離をとることだと思う。
最初から膨大な情報量に立ち向かうのではなく、
ある程度限定されてしまうが、本などのアナログ知識を持った上ではじめてITに接するべきである。

私が現在のIT社会で幸せに生活するために必要だと思うことは、教育です。インターネットが欠かせない世の中になっているのにもかかわらず、ネット犯罪が多発し多くの人がだまされてしまうのはしっかりしたインターネットについての知識がないからだと思います。小、中、高校とさかんにインターネットの授業を行い、どうすればネット犯罪に巻き込まれずにすむのか、正しい情報を手に入れられるのかなどを学ぶことが必要だと思います。

IT社会で幸せになるにわ、まず、コンピュータに関するある程度の知識を得ることが必要だとおもいます。そして様々な人
と意見の交換をし、自分だけの悪い固定観念に捕らわれないように、心のゆとりを持つことが大切でしょう。

IT社会で幸せになるためには、どれが自分に必要な情報か、要らない情報か、等を自分で理解できるようになることだと思います。(あくまで個人的意見ですがw)
数多くの情報に流されていては、自分自身を見失い、何もできなくなると思うからです

私は、IT社会で幸せになるには「人間味・人間的暖かさを忘れないこと」が大切だと思います。情報のやりとりも機会的な社会です。周りの便利な機会にのみこまれないように、人間がいること・人間でいることを忘れないことって大事だと思います。

人とコミュニケーションをとり笑えること。これはいつの時代でも変わらないと思う。あとは、情報の正誤等を見抜く力。これに乏しいと落とし穴におちてしまう。

IT社会で幸せになるための条件

私が考える幸せになるための条件は、IT社会の中であふれている情報のなかから自分の必要としている情報を手に入れることができ、さらにその正誤の判断を正しくやる力をもつことだと思います。そのためには正しく機器を使うことが必要だし、自分自身の判断力をつけていかなければなりません。なので、一人ひとりが、IT社会の中で幸せになれるよう努力していくことが大切だと思います。

IT社会で幸せになるための条件

いまIT企業は盛んであるが多くのIT企業は買収、株取引など自分達で物を作り出すことがない。
IT社会で幸せになるためにはIT社会で物を作り出すべきではないでしょうか。物を作り出すためには多くの人が必要となり、雇用率も上がると思う。

IT社会で幸せになるためには

IT社会で幸せになるためには、情報を鵜呑みにしないことです。すべての情報はある側面から捉えられているので、その裏の側面からも情報を読み取ってからその情報を信じるべきなのです。つまり、IT社会でし幸せになるためには、騙されないことが大切なのである。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるためには、まず自分が必要とする情報を正確に選択することだと思う。今の社会は情報化社会となっている。一つの項目に対して大量の情報があり、その大量の情報の中から正確に情報を選択する力が必要だと思う。この力が乏しいと情報を誤って捉えてしまい苦しい思いをしてしまうと思う。だから、この力を養っていくことがIT社会で幸せになるために必要な条件の一つだと思う。

IT社会で幸せになるための条件

IT社会で幸せになるための条件は、無数にある情報に流されないことだと思う。人間は周りに流されやすい生き物だ。流行という言葉が、まさにそれを象徴している。そういう性質を持っているがゆえに、自分で取捨選択するという力が極端に弱いと思う。情報全てが正しいというわけではない。果たして自分に必要な情報なのか、あるいは本当に正しい情報なのかということを自分自身でよく考えなければ、これからのIT社会では、騙されたり損をしたりで幸せにはなれないと思う。

幸せの条件

IT社会で幸せになるためには、あふれる情報を自ら吟味する姿勢が大切だと思う。インターネットやTVなどのメディアを通じて氾濫する情報を選択し、自分の生活を豊かなものにしなければならない。ともすれば無法状態になり、誹謗中傷の場となるインターネットは、モラルある使い方が必要になってくると思う。しかしどの時代においても「幸せ」とは自分自身の感じ方で変わってくるものだと思うから、日々の小さな瞬間に喜びを見出し、ああすっごいハッピー!!と笑顔でいる姿勢が一番大切だと思う。自分の気分次第でつまらないことも楽しくなるし、「幸せ」というものは個人の感じ方によると思う。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Twitter Button

ネットケータイに関する諸問題

フリーエリア

お絵かき

ウリボー お花キャッチゲーム

お散歩ネコ

最新コメント

フリーエリア

ブログ翻訳
幸福さとは
無料アクセス解析
ストレスについて
無料アクセス解析
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カウンター
プロフィール

kanoh

Author:kanoh
こんにちは、加納寛子です。気がついたこと、思いついたこと、思ったことを、時々、書き綴っています。

フリーエリア
最近のトラックバック
月別アーカイブ
IPアドレス検索

Enter a long URL to make tiny:

多機能カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
amazon
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
RSSフィード
最近の記事
フリーエリア
英語名言




QRコード
QR
書棚
ペット